2017年10月27日金曜日

平成29年度 公開研究会 
自分の考えを伝え合う道徳科の授業のありかた

平成29年度 公開研究会
自分の考えを伝え合う道徳科の授業のありかた
~系統的な道徳科の授業を目指して~
平成29年10月27日(金)午後から、公開研究会を開催いたしました。
~~~3年A組~~~
希望と勇気・克己と強い意志「風に立つライオン」
授業を行った担任の先生です。
多くの先生がお越しくださいました。
先生のスマートフォンと大型TVを接続して
学校内WIFIに接続しながら教材を提示しています。
アクティブラーニングです
3~4名のグループで、自らの考えを伝え話し合っています
グループの意見をホワイトボードに記入して発表します。
さらに個人の考えを記入して、先生に渡して
それを黒板に掲示して学級全体で伝え合い考えました。
~~~2年B組~~~
勤労「アキラのくじ運」
授業を行なった担任の先生です。
こちらも見学の先生がたくさんお越しくださいました。
アクティブラーニンググループでワークシートを使って
自分の考えを伝え合い、グループでまとめてみました。
結果を黒板に貼り、考え方の多様性を知ることができました。
~~~1年D組~~~
よりよく生きる喜び
「銀色のシャープペンシル」
授業を行った担任の先生です。先生からの設問は
TVの表示で行い、生徒の意見や考え方は黒板に貼っています。
1年生はとても積極的で、進んで挙手をしています。
生徒の人数と同じくらい多くの先生が参観されました。
生徒のプリントです。自分を見つめ、これからの生き方を
考えることが出来ていることが解ります。
アクティブラーニングでグループごとに考えた
意見が黒板に掲示され、考え方の多様性を学びました。
~開会式・研究協議~
他校からお越しの先生がお集まりくださいました。
本校校長からのご挨拶です。
 3クラスに分かれて研究協議が行われました。
授業者と本校の教員で討議を進行させて頂きました。
~研究発表~
本校研究部長からの研究発表です。
参加者様からご質問を頂いています。
胆振教育研究所 伊達中学校主幹教諭の村井先生から
たくさんのご助言を頂きました。
胆振教育局教育支援課指導主事 坂内 仁 様から
道徳の評価方法についてのご指導を頂きました。
ご指導・ご助言を頂きました皆様。
またご来校頂きました皆様、大変ありがとうございました

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
研究発表の資料をご紹介いたします。
(クリックすると拡大します)

緑陽中学校の教職員です。よろしくお願いします