2016年12月16日金曜日

第36回全国中学生人権作文コンテスト
室蘭地区大会表彰式

平成28年12月16日(金曜日)第36回全国中学生人権作文コンテスト表彰の様子をご紹介いたします。
室蘭地区大会では13校478編の応募があり、22編が優れた作品として選ばれましたが、本校ではうち5編5名の生徒が表彰されました。
 校長室で表彰が行われました
登別市人権擁護委員会 森口 達様、粂井孝子様、畠山基子様
札幌法務局室蘭支局長 藤原俊一様、同総務係長 井上真二様
が御来校くださいました。
 副賞の授与です。作品は
「かけがいのない命のためにも」
「いじめを減らして笑顔を増やす」
「守るべき子供の人権」
「特別支援学級との関わりから偏見を考える」
「意識」
の5作品がそれぞれ「奨励賞」を受賞いたしました。
 記念写真です。表彰のためご来校頂きました皆様
大変ありがとうございました
頂いた賞状です。これからも人権作文を通じて学んでまいります。
生徒のみなさん、来年もコンテストに参加してください。

緑陽中学校の教職員です。よろしくお願いします